なかなか借金が減らない…。借金が雪だるま式に増える理由とは?
フッターメニューへスクロールするボタン

無料ご相談はこちら 0120-500-832
借金の返済をするために、新たな借金をすると、雪だるま式に増えていきます。

雪ダルマ式借金

返しても返しても借金が減らない、という話はよく聞きますよね。
これは一体どうしてなのでしょうか?

雪だるま式に増え続ける借金に苦しむ女性

自転車操業の場合

まず、簡単に計算するために借金は一回200万、利息は10%としましょう。

200万の借り入れをして、利息が20万ですから合計で220万を返済しなくてはなりいけませんね。
雪だるま(自転車操業)の場合、この借り入れを返済するために、別の会社から220万借りて返済する事になります。

そうすると、利息分10%が追加され、242万返済しなくてはならなくなるのです。

1回目返済 200万+20万(利息10%)=220万円
2回目返済 220万+22万円(利息10%)=242万円
3回目返済 242万+24.2万円(利息10%)=266.2万円

これを10回繰り返すといくらになるでしょう。

なんと10回目には約520万返済しなくてはならなくなります。

利息制限法では借り入れ金額によって10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%という上限金利が定められています。
是非自分の借金の額に会わせて金利を計算してみて下さい。
簡単にいうと、これが借金が雪だるま式に増える原理です。

リボ払いの場合

何回払いという分割払いだと、年々元本は減少しますが、リボ払い形式の場合は元本は減らないと考えて良いでしょう。

10万円の買い物をして、リボ払いで月々1,000円づつ払ったとしましょう。
利息制限法では借り入れ金額によって10万円未満は20%です。
1年で2万円の利息が付くのに対し、あなたが1年に払った額はたったの12,000円です。

これではいつまでたっても元金は減りません。
リボ払いの金利のマジックに惑わされないこれが借金を返済するためには必要です。

住宅ローンの場合

住宅ローンで使用される元利金等方式では、返済開始後の一定期間は「利息のみを支払って元本は全然減らない」のが普通です。

これに対抗する為には、なるべく早いうちに50万、100万単位で繰上げ返済を行う必要があります。
1回につき事務手数料は取られますが、金利が減って、支払い年数も短くなるか、支払い年数はそのままで、一ヶ月の支払い金額が安くする事が出来ます。

まとめ

この様に、借金する時は、金利の事を考える事が重要です。

テレビショッピングなどで、月々のお支払いはたったの1,980円!などと盛んに安い金額で数十万円の商品を宣伝していますが、支払う年数と金額を計算したら、とても高額な商品だという事が分かるはずです。

お金がないなら買わない事です。少しでもムダ使いを減らして借金返済に当てましょう。

TVショッピングには気を付けましょう。 無料相談受付中
arrow-right-outlinearrow-up-thickbookmarkchevron-righthomeinput-checkedlocationpenpencilrss-outlinetabs-outlinetagth-largethumbs-upthumbs-down