任意整理の事例~ギャンブルの借金の取り立てに怯えた20代男性の体験談
フッターメニューへスクロールするボタン

無料ご相談はこちら 0120-500-832
弁護士の先生は相手側の言いなりにならないように話を進めてくれました。

ギャンブルにお金をつぎ込み借金をし任意整理を行った人の体験談

投稿者のアイコン
20代男性

任意整理をしたことで変わったこと

ギャンブルにお金をつぎ込んでいる男性

若いうちにギャンブルをしまくっていて、お金のことなんてどうにでもなると思っていたのが過去の自分でした。

実際にはそれでかなり痛い目をみたし、今だからこうして述べていますが、その当時はとにかく冷静でいられなかったです。

お金は借りればなんとかなる、明日のお金はギャンブルで作ればいいやというような甘い気持でお金を常に借りていました。

次第にお金を貸してくれる業者も無くなり、直ぐに手詰まりな状態に。

家賃も滞納し始め、電気、水道、全てが止まって何も出来なくなったと同時に、毎晩のように賃貸業者が自宅に取り立てに来た恐怖は今でも忘れられません

「このままじゃいけない」そう思って、とりあえず弁護士の先生に相談してみた所、スムーズに問題解決まで進みました

まず僕の事例で言うと、任意整理という制度を利用したことによって現在の借金の状況と元金が幾らだったのかが計算されました

滞っていた借金によるグレーな利息も免除された形で、ほぼ元金に近い形で借金を返済することが出来るようになりました。

ただ、任意整理は借金がゼロになるものではないです。
その点は勘違いしないで下さい。

ただ弁護士の先生方に言われたことですが、もしもグレーな利息を払い続けていた場合は、借金自体がゼロになった可能性はあるということを教えてもらいました。

人によっては借金が無くなるという可能性もあるので、任意整理はとても大切だと感じましたし、借金は絶対にしないようにしようと心に決めました。

司法書士じゃなくて弁護士の先生に相談する

業者も馬鹿じゃないので、法律のことは細かくつついてきます。このときに司法書士の先生だと色々と対応が甘くなるということを弁護士の先生に教えてもらいました。

自分の場合は最初に弁護士の先生に相談してから良かったですが、この記事を見ている人たちが司法書士の先生方に相談をしようとしている場合は少し考えてほしいと思います。

任意整理は債権者と自分の間に立ち入って話をつけてくれるものですが、このときに弁護士の先生だと色々と相手側の言いなりにならないように話を進めてくれます

これがとても大切なことなので、司法書士の先生ではなく弁護士の先生に相談をすることをオススメします。

無料相談受付中
arrow-right-outlinearrow-up-thickbookmarkchevron-righthomeinput-checkedlocationpenpencilrss-outlinetabs-outlinetagth-largethumbs-upthumbs-down