投資が儲かる仕組みを学ぼう!必ず勝てる投資術
フッターメニューへスクロールするボタン

無料ご相談はこちら 0120-500-832
投資が儲かるシステムを解説

投資が儲かる仕組み

やはりお金にちょっと知識のある人にとって投資というものを考える機会は少なからず増えてきます。
ここでは投資が儲かる仕組みというものを考えていきたいと思います。

投資で儲かるしくみ

事業をはじめてお金を稼いでいくためには、少なからず初期費用などが必要になってきます。
企業の運転資金なども銀行などから借り入れることがあります。
基本的には、お金を稼いでくれる人にお金を貸して、大きく儲けた分を大きく分配してもらおうというのが投資の考え方です。

株式投資

例えばAという会社が創業したとします。
Aは製菓会社で、これまでにない画期的なお菓子を作り出して注目を集めます。
爆発的なヒットを生み出して、誰もが知る大企業に成長していきました。

株価も上場して右肩上がりに上昇していき、初期のころに株を購入していた人の中には株を保有していることで大きく儲けた人も出てきました。

このように大きく成長する企業の株を保有していれば株価が上昇していったときに大きく儲けることもできます。
また株を保有していると配当金や株主優待などを受け取ることもできます。

株式投資

ただ中には成長しない会社もあり、そういった企業の株を保有していてもほとんど配当金がなかったり、企業の価値が暴落して資産として減ってしまうこともあるようです。

株式投資は成長していく企業を見極めることで大きく利回りを得ることのできる投資スタイルです。

不動産投資

アパート経営マンション経営は、昔からある定番の不動産投資です。

アパートやマンションを建てるのは、最初に大きなお金が必要です。
これをあとで入居者から入る賃料で取り戻そうというのが不動産投資です。

不動産投資

不動産の利回りは不動産の購入金額を年間の賃料で割ると算出されます。
上手な不動産投資は、この利回りの多い物件にいかに投資できるかです。

不動産の投資は物件の立地などを考えて、入居者が多く見込めると賃料も安定的に入ってくるし、家賃自体も高く設定することができます。
逆に立地が悪く利便性の悪い物件に投資してしまうと、なかなか店子が入らず賃料が安定的に入ってこないので、初期投資にかかった不動産購入金額がなかなか入ってこず、投資が失敗してしまい負債を抱えてしまうこともあります。

このように投資には、未来を見通すビジョンと正確に利回りを読める能力が必須になってきます。

株式投資にしろ、不動産投資にしろ知識のないところから出たとこ勝負をしてしまうと大幅に失敗してしまいます。

無料相談受付中
arrow-right-outlinearrow-up-thickbookmarkchevron-righthomeinput-checkedlocationpenpencilrss-outlinetabs-outlinetagth-largethumbs-upthumbs-down