自分は大丈夫と思っていると危ない!オレオレ詐欺の実態と巧妙な手口
フッターメニューへスクロールするボタン

無料ご相談はこちら 0120-500-832
最近のオレオレ詐欺は、弁護士や警察を名乗るなどストーリー性のある手口が主流です。

騙す手口が巧妙化する一方のオレオレ詐欺の危険性

オレオレ詐欺をしている男性

巧妙になっているオレオレ詐欺

これは何時になっても詐欺の手口として使われている手法ですが、
ご年配の方は特に注意が必要です。

自分の親族を装ってお金を振り込ませていたのが従来のオレオレ詐欺ですが、
最近はさらにその手口が巧妙化していることが問題となっています。

自分の身内に高齢者の方がいる場合は被害にあわないように普段からコミュニケーションをとっておくことや、もしもの場合の重要なキーワードなどを決めておくなどをして対策をとっておきましょう。

万が一オレオレ詐欺の被害にあってしまった場合でも、相手側の情報が少しでもあれば取り返すことは可能です。

また被害にあったら直ぐに警察と弁護士に相談をし、1日でも早く事件解決に向けて動くことが大切です。

私は大丈夫と思っている人ほど危険

これは心理的な問題もありますが「私は大丈夫」「俺は大丈夫」と思っている人ほど(家族にいる場合)大変危険です。

それは心の準備が出来ていないからです。
そのスキを狙って詐欺業者が仕掛けてきます。
少しでも甘い気持でいるのなら直ぐに気を引き締めてください。

いつ、どこで、情報を抜かれているか分かりません。
あなたが知らない間に一人で暮らしていることを知っている可能性もあります。

詐欺に合わない為には、「自分は大丈夫」と思うのではなく、自分の所に連絡があっても「万全の対応が出来る」状態にしておくことが賢い対応です。

ストーリー性があるオレオレ詐欺の実態

手口の巧妙さにはストーリー性の振込み詐欺演出があります。
電話の中で、弁護士、警察、そして本人の役割があり、色々な対応で相手をだましてきます。

この時点で冷静な判断が出来なくなるのでついつい相手の言いなりになってしまうことも沢山あると思いますが、弁護士、警察が一度に出て連絡することは殆どありません

オレオレ詐欺の被害に合わない為には、精神的にパニックにならないように落ち着いて対応をしましょう。

またその電話内容を録音することや、何度も聞き返すように工夫をするなどをして、,
相手側の主張に怪しい所が無いかを確認することをオススメします

無料相談受付中
arrow-right-outlinearrow-up-thickbookmarkchevron-righthomeinput-checkedlocationpenpencilrss-outlinetabs-outlinetagth-largethumbs-upthumbs-down