学生ローンとサラ金の違い!?奨学金の方が怖い?
フッターメニューへスクロールするボタン

無料ご相談はこちら 0120-500-832
学生ローンについて知りたい人必見

学生ローンサラ金

学生ローンサラ金の違いについて考察します。

サラ金(消費者金融)は、貸金業者が個人へのお金を貸す事業のことです。
サラ金業者は大手消費者金融から、街金業者までさまざまなものがありますが、お金を貸す方としては借り手にお金を貸し出すことで利息を払ってもらうことで利益を出したいので、お金を貸し付けるときの身分証明などや収入証明が重要になってきます。

サラ金では運転免許証や保険証なども必要です。
逆に学生ローンを利用する際には、学生証が必要になってきます。

大学生

基本的に学生は収入がないことが前提なので、通常の消費者金融やサラ金業者にとっては学生にお金を貸すということは貸し倒れのリスクが非常に高いので、貸し付けの対象にはなりません。

しかし学生ローンは、学生のアルバイト収入などがあれば比較的に借りるのが簡単といわれています。

また正確には学生ローンとは意味が違いますが、奨学金などを学生に貸し付けてそれが回収できないというケースも増えています。

独立行政法人の日本学生機構が学生に貸し付けている奨学金の返済が、年々困難になっている状況があります。
長引いた不況だけでなく、企業の非正規雇用化などで収入が安定せずに奨学金を返せないという人が数十万人いるとされています。

日本国内には給付型の奨学金というものは少なく、貸付型の奨学金がほとんどです。

「実態は学業を応援するのではなく借金だ。」という批判もあり、実態は学生ローンではないかといわれています。
特に最近は奨学金返済遅延の深刻化の状況を受けて、回収作業を強めており、より元学生の生活は圧迫されています。

また返済を数か月滞らせると信用機関のブラックリストに登録するともいわれています。
そういった奨学金を返済することのない元学生の中には、女性なら風俗に身を沈めて無理やりお金をつくったり、男性なら仕事が終わった後に夜間のアルバイトをしてお金を捻出しなければならない状況が増えていると聞きます。

学生を苦しめる学生ローン

そのように考えるとなにか欲しいものがあって学生ローンでお金を借りることよりも、学費などを賄うための奨学金は数百万円単位にのぼることがあるので将来的に返済しなければならない負担は当然大きくなります。

奨学金と聞くと借金というイメージは持ちにくく、とても真面目な印象を受けやすく実際に将来の返済をしなければならないとか金利がどれくらいということは注意して考えない傾向があります。

学業を志す場合は、必ず奨学金を返済できるように就職することがなによりも大切になってきます。

無料相談受付中
arrow-right-outlinearrow-up-thickbookmarkchevron-righthomeinput-checkedlocationpenpencilrss-outlinetabs-outlinetagth-largethumbs-upthumbs-down