無料ご相談はこちら 0120-500-832
任意整理1件30,000円(税別)・着手金無の良心料金

任意整理とは?

皆さんは、任意整理という言葉を聞いたことがありますか?

任意整理とは、裁判所などの公的機関を使わずに債権者と私的に話し合いをすることで、借金の減額や利息のカットなどの返済方法を考えて和解を勧める手続きのことです。

減らない借金に悩んでいませんか?

返しても返しても借金が減らない

利息を払うのが精一杯…

このまま借金が増え続けたらどうなる

自己破産は避けたい

悩む男性

このような悩みを抱えている方は一度、任意整理を検討されることをお奨めします。

任意整理を検討してみましょう。

任意整理を行うことで、無理なく借金問題を解決できます。

借金問題を解決!

整理後の利息をカット

元金を3年〜5年で分割返済とし、毎月の返済負担を減らす

過払い金があれば相殺し、借金減額できることも

第三者(当事務所)が介入することで、厳しい取り立てを抑制

早期解決の鍵は「今」動くこと

ご存知のよう借金は1日経過する毎に利息が乗り、返済できなければ雪だるま式に膨れ上がります。

つまり、最も負債(借金)が少ないのは今日であり、明日には数千円もの利息が課されることになります。

元金300万円・年利18%の場合、1日の利息は1,480円
何もしていないのに毎日約1,500円、月に45,000円以上をドブに捨てることになるのです。

増え続ける利息

この事実を知っていただければ、任意整理により以後の利息をカットすることがどれ程重要かご理解いただけると思います。

さらに、過払い金の時効は一般的に10年です。
今なら取り戻せるかもしれない払い過ぎた利息も、明日には時効で請求権が消滅しているかもしれません。

このように、借金問題に関しては先延ばしは禁物です。
当ホームページに訪問いただいた方は「なんとかしなければ!」という強い意志をお持ちだと思います。

なんとかしなければ!

当事務所の相談は無料です。
少しでも返済に不安を感じていれば、お気軽にご相談ください。

無料相談受付中

ウォーリアの3つの強み

ポイントその1
早 い

大手過払い事務所出身なので仕事が早い。着手金なしで即対応します。

ポイントその2
安 い

1件あたり3万円(税別)、減額報酬なし。大手事務所の4分の1以下の費用です。

ポイントその3
闇金を含めた整理ができる

一般債権者は受任しても闇金は嫌がる事務所が多いです。ウォーリアなら闇金も含めて整理できます。

1件3万円は安い?高い?

依頼費用は完全成果報酬制ですので、貸金業者と任意整理の和解ができた段階で初めて費用発生となります。
また、当事務所では大手の4分の1以下の費用をベースにしていますので、他事務所と比較していただいても低料金には自信を持っております。

また、先に述べたように1ヶ月の利息はゆうに数万円に昇ります。
ずるずると問題を先延ばししてしまうよりも、早急に手を打ち利息・督促をストップさせた方が結果的に大きく得をすることに繋がります。

無料相談受付中

豊富なノウハウメディア掲載実績

長年、債務整理業務に携わってきた経験から多くの交渉ノウハウを持っています。

また、新聞・ラジオなど大阪地区を中心として多数のメディア掲載実績があります。

豊富なメディア実績

任意整理のメリットデメリット

続いて、任意整理のメリットとデメリットについてです。
ここまで説明してきたように任意整理には下記のようなメリットがあります。

任意整理のメリット

①手続きが完了した後の利息が免除されるため、返済負担が減る。

②過払いがあれば、借金が相殺され減少することがある。

③日々の取り立てや督促がストップする。

メリットは、基本的に債務者にとって都合のいいものであるようですが、任意整理には当然デメリットも存在します。

任意整理のデメリット

借入が5年間できなくなる(俗に言うブラックリスト)

②自己破産に比べると効果が低い(元金は返済する必要がある)

デメリットに関しては、ある程度予想通りと言えるでしょうが、債務者にとって最も打撃となるのが「①借入が5年間できなくなる」です。

整理の事実は「信用情報機関(CIC・JICC等)」にリストアップされるため、任意整理を行った業者だけでなくローン・クレジットカードの審査に影響してきます。(一般的には5〜7年と言われています)

債権者側にもメリットがある

任意整理に関わらず、お互いにとって同程度のメリットがないと制度自体の存在意義がなくなってしまいます。

債権者側はいわゆる「貸倒れ」を避けることできます。
返済能力を失った債務者が最後に行き着く先は、自己破産失踪
そうなってしまえば、元金すら回収できずに大きな損失を生みます。

そのため、貸金業者側も債務者からの交渉は無下にせず取り合ってくれるケースが多いのです。

まわりくどい言い回しになりましたが「今日借金で悩み苦しんでいる方」にとってはとても力強い制度です。
そして我々法律家はできるだけ債務者に有利な条件で和解できるように全力でサポートしていきます。

ウォーリア法務事務所は豊富な実績と交渉ノウハウで最善の和解方法を提案いたします。

無料相談受付中

なぜ専門家に?

任意整理という言葉は聞いたことがなくても、CMなどで「借金の相談に乗ります」という法律事務所は多いですから、借金でどうしようもない事態になったときは法律家へ…と考えている方も多いと思います。

素人が個人的に任意整理を行うのはほとんどの場合不可能ですので、専門家に頼むのが一般的と言えるでしょう。

大前提として「任意」ですので、債権者はそれに従う義務はありません。
多くの場合、個人で任意整理交渉をしようとするとかえってトラブルの元になってしまいます。

債権者は当然の権利として借金の請求を行っているわけです。
そして違法ではないので、債権者としても「文句をいわれる理由はない!」と突き返すと思います。

しかしながら、債権者もお金を回収できればいいわけですし、逆に回収できなくては困ります。
貸金業者も破産のような大きなトラブルになるぐらいなら「無理がない程度で支払ってくれれば…。」という考えになるのです。

そうした双方の事情を理解した上で、出来る限り相談者様に有利な形で交渉を進めるのが私達の使命です。

専門家にご相談ください。

再スタート支援する制度

借金をするにはそれなりの理由があります。
経験した方ならわかると思いますが、一度ドツボにハマると悪循環が拡大していき、返済と取り立てのことで頭が一杯になります。

任意整理は最小限のデメリットで、人生の再スタートを切れるように制定された制度です。

制度を利用することを恥ずかしいと思ったり、気負いする必要はありません。
任意整理をお考えなら私達ウォーリア法務事務所が全力で支援いたします。

無料相談受付中
arrow-right-outlinearrow-up-thickbookmarkchevron-righthomeinput-checkedlocationpenpencilrss-outlinetabs-outlinetagth-largethumbs-upthumbs-down