フッターメニューへスクロールするボタン

無料ご相談はこちら 0120-500-832
信用情報について知りたい人必見

信用情報とは

お金と個人との関わりを語る上で「信用情報」という言葉を知っておくことは重要です。

信用情報は、個人がクレジットカードをつくったり、ローンを組んだり、借金をしたりするのに重要な情報と言われています。

信用情報

クレジット契約を結ぶにも誰かにお金を貸すのも、貸したお金がちゃんと帰ってくるかという保証がなければ、貸す方もお金を貸し出すことができません。
お金を貸したけれど、「貸し倒れ」が起こっては元も子もないからです。
ではそういった契約の際に何が参考にされるかというと「信用情報」です。

日本国内には信用情報機関が設置されており、銀行やクレジットカード会社、消費者金融、不動産会社などはこれらの情報を共有しているといわれています。
この信用情報には何が載っているかというと、特定の個人の住所や連絡先、勤務先などの基本的な情報と、過去にどのような契約をしたか、また借入れやローン契約がある場合には、その返済状況に関する情報などが掲載されているといわれています。

また重要なところで、過去の支払いや返済に滞りがあったなど「事故情報」が記載されていることがあります。
よく「クレジットカードの審査に通らなかった」「ローン契約が出来なかった」というエピソードを聞くことがありますが、それはクレジットカード会社や銀行などがこういった個人の過去の「事故情報」を参照して出した結論ではないかと推察されます。

他にも短期間で複数の消費者金融から借金をしたなどの情報や1時期にクレジットカードやローン契約が集中しているなど不審な行動も随時記録されるといわれています。

まさに自分が知らないところで、こういった情報が登録され多くの金融関係の業者、銀行などで照会され、情報が共有されているということはなんだか怖いことですね。

ただ自分自身でもこういった情報は開示して確かめることも可能なのです。
国内にはいくつかの信用情報機関が存在していますが、そういった機関に問い合わせて、窓口や郵送で知ることもできます。
そういった場合の手数料は無料ではなく、多少のお金がかかることも事実です。

こういった信用情報機関は、主に全国銀行個人信用情報センター株式会社シー・アイ・シー日本信用情報機構などがあります。

日本の信用情報機関

個人の信用情報が管理されているというのは、なんだか気味の悪い話ではありますが、公共料金や携帯料金の支払い、契約したローンや割賦購入の返済など、さまざまなものを真摯に行うことで自分の信用情報を高めることもできるのだと知ることにも繋がります。

無料相談受付中
arrow-right-outlinearrow-up-thickbookmarkchevron-righthomeinput-checkedlocationpenpencilrss-outlinetabs-outlinetagth-largethumbs-upthumbs-down